抵当権抹消登記情報館トップ氏名変更登記の必要書類

氏名変更登記の必要書類

自分で氏名変更登記を申請する場合も、司法書士に依頼する場合も
印鑑(認印)が必要です。

氏名が変更したことを証明する書類は次のとおりです。
戸籍謄本(戸籍抄本)や住民票など氏名の変更を証明する書類には、
有効期間がありません。
ですから、取得後3か月を経過したものであっても使用することができます。

ケース1 通常の場合

結婚や離婚によって氏名が変更した場合
 1 戸籍謄本
   自分の名前だけが記載された戸籍抄本で足ります。
 2 住民票
  本籍、戸籍筆頭者が記載された住民票が必要です。
  理由は、登記記録(登記簿)には、住所、氏名が
  記載されてるにすぎず、氏名が変更されたことを
  証明する書類は、基本的に戸籍謄本だからです。
  戸籍謄本は、本籍地と氏名が記載され住所の記載が
  ないからです。

ケース2 どうしても氏名の経過、つながりを証明できない場合

権利証の写しをつけたり(原本還付手続き)、実印を押印した上申書や
印鑑証明書が必要になる場合があります。